健康のために体の温度を上げるようにする

健康のために体の温度を上げるようにする

健康のために体の温度を上げるようにする

PAGETITLE
熱があると思うとき、測ることがあります。いざ測ってみると、37度でした。さて、この時どう思うでしょうか。高いと思うでしょうか、平熱と思うでしょうか。水銀式の物の場合、37度のところにマークがしてあります。そのために37度を超えると熱があると思うことがあります。実は37度ぐらいが平熱とのことです。この温度が平均的だと、体調も良いのだそうです。37度から36.5度くらいが良いようです。しかし、36度以下になってくると、少し低い状態になってしまいます。冬などにおいて、寒いところで長い間いることによって34度ぐらいになってしまうと、かなり危険な状態になると言われています。低いよりも高い状態を維持するように心がけます。

体温においては、最近は低くなりつつあると言われています。冷え性などがその代表的な症状です。女性に多い症状と言われていますが、男性においても増えているそうです。女性はもともと筋肉が少ないことから、低くなりやすいと言われます。それを脂肪で守るようになっているのです。男性は筋肉が多くて脂肪が少ないのが一般的ですが、筋肉が少ない人は冷えやすくなるのでしょう。クーラーのきいているところだと非常に寒く感じる人もいるようです。あまり冷えを感じると、免疫力の面で問題が出てきます。免疫力が最もよく活動できる状態が37よりも高い状態とのことです。ウイルスなどに関しては、それ以上の温度になると、弱まってしまうのです。

健康のためにあげようとするなら、男性は筋力アップ、女性はお風呂を利用することがあります。半身浴が良いと言われています。少しぬるめのお湯に、長くつかることがポイントです。そうすることで、血流が良くなります。普段から高い状態を維持することで、徐々に上げることができるのです。毎日できなくても、定期的に半身浴をするようにします。夏などはクーラーに頼り過ぎないようにして、汗をしっかりかく工夫をすることも必要です。

Recommend